2018年04月03日

カップ酒デザインが

最近のカップ酒のデザインが凄い事になっていたのですね。なんか子供でもきっと飲んでみたくなるデザイン。猫、パンダの絵までビックリです。
カップ酒と笹かま、ちーかま、とこぎれいな作業着きて足元はもちろんピカピカのとく長の3点セットはもう仕事帰りの列車の中の思い出の風景かなあ。♪
サラリーマンの頃小樽から札幌行きの始発の列車の中。時々前の座席にのってきたそんな何処かパターンのおっさん。順番がある様で、座ってすぐにいはカップは開けない。動き出して初めに必ず笹かまをピリッと破って小口でぱくっと。しばし外の景色に目を移す。次の駅に差し掛かる頃静かな車内で遠慮がちにカリッとカップのふたを開ける。そこも、すぐではなく、数十秒の時間差で口から迎えに行ってたっけ。
なんか、かわいいなあ、たまらないんだろうなあ。とさえ思えてくる。そのカップのデザインは鷲だったか熊だったかと思うけど、良く見えていたわけでは無いので、、、。
きっと給料が入ってささやかな日常の、長年連れ添った奥さんへ給料復路を渡すまえの。一瞬の幸せなのかなあ〜。♪
なんとほほえましい。
ワンカップ大関?男山?北の鶴?なんかすごいデザインですよ。最近の。。。
41yOR5ToEWL[1].jpg
posted by ダンチャン at 08:34| Comment(0) | 日記