2018年03月08日

猫の事

サイベリアン.jpg★ねこ★
子供の頃、自分では猫は嫌いだと思っていた。ずーっと。近所で猫を見かけると色々居る。撫でらせないねこ。あいさつしない猫。こっちを見ても無視する猫。いま思えばほとんどがきちっと挨拶してくれていたんだけれど。笑。
あいさつしないのはそーっと後をつけて驚かしてやった。
でも、たいていは違う。こちらも甘ちゃんだったので向こうが先に気が付く、こっちに振り向いてあっという間に去っていく。僕はカーっと来る。
今度見つけたら絶対追いかけてやる。何時もそう思う。そのまま忘れる。
すこーしぽっちゃりな三毛猫。仲良くなってやるかなあ。と思ってちかずくとこっちを見て一言「にゃッ」といったと思ったらあっという間に飛んで行った。今回はあきらめない、良しッ。思いっきり追いかけた。他人の家の庭にも入っていった。塀にのぼって追いかけた。出来るだけ音を立てずに。
すると、3件渡ってそこは向こう側の道路。なんとそこに香箱すわりで待っていた。こっちとしては拍子抜けするし戸惑いながらも三毛に近づいてなんと撫でることが出来た。わ〜やわらかい。すべすべ。
猫としてはきっとこうだろう、「お〜よくついてこられたね、少し触ってもいいよッ」だったのかな。
嬉しかった。
でも次の日からは戦闘態勢。違う猫を見るとまずは少しにらみ合う。少しづつ近寄って追いかける、猫は逃げ
る。こっちは負ける。悔しい。そうしたたたかいが続いていく。♪
大人になって数匹の猫に立て続けに変な行動をされる。ずーっとわからなかったけど。半年もしたころかなあ。テレビでヒョウの求愛の場面を見ていて驚いた。エッ。これだッ。
求愛されていたんだあ。
思い出してみた。そこのおうちの飼い主さんに牙むいてたっけ。その時。
しつこかったなあ。小一時間。なんで私の気持ちわかってくれないの?黄ハート
そう思っていたのかな。「ごめんね。僕はにんげんなんだよ。」
可愛い猫だったけどね黄ハート
そんな僕でよければ土日はお店にいるよッ(^_-)-☆
posted by ダンチャン at 18:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: